ペットが亡くなったら

大切なご家族を亡くされ、悔いなくお別れをして頂くために。
家族が亡くなった時は、これまでの感謝の気持ちを込めて皆様で見送ってあげましょう。
ここではご自宅でできる安置方法やその後の流れをご案内しています。

ご遺体の安置方法について

準備するもの

  • 棺(ダンボール箱など)

  • バスタオルやガーゼ

  • 保冷剤・氷

  • ブラシ

  • ペットシートなど

  • お供え物

ブラッシング・棺のご用意

優しく寝かせてあげ、タオルなどで軽く汚れを拭き取ってあげます。ブラシなどを使って毛並みを整え、鼻や肛門などに詰め物をしていただいても大丈夫です。
ブラッシング等が完了しましたら棺を用意します。ダンボールなどの木製や紙製の箱であれば代用することができます。
棺は長楽寺でもご用意が可能ですので、ご希望の方はお申し付けください。

体を冷やし、涼しい部屋で安置する

棺の準備ができましたら、首元やお腹まわりなどを保冷剤や氷などで冷やします。これはご遺体をできるだけ綺麗に保つためです。
また、この時生前お気に入りだったおもちゃや、ごはんなどのお供えものも入れます。お供え物の素材によっては一緒に火葬することができませんので、もしご不安な点がございましたら長楽寺まで一度お問い合わせください。
その後は涼しいお部屋などで安置していただきます。寒い時期は暖房が効いていないお部屋、夏場はクーラーの効いた涼しいお部屋で保管してください。保冷剤はこまめに交換をお願いします。

葬儀をご依頼される場合はこちら